過払い請求と取引履歴の開示

過払い請求は、簡単な書類手続きだけですませられると思ってる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。


書類手続きが必要になるのは確かですが、それ以外にもやるべきことがあります。

例えば、自分が借金をしていた金融業者からこれまでの取引履歴を見せてもらう、取引履歴の開示請求と呼ばれるものがあります。これはなんのために行うかというと、自分が受けていた借金の中に本当に過払い金があるかどうか、またあるとしたらどのぐらいの金額になるのか、それを確認するためのものです。
これまでの取引過程が分からなければ金額を特定することはできませんので、そのために取引履歴の開示請求を行います。

これはとても簡単な作業だと思われるかもしれませんが、場合によっては大変になることもあります。


例えば、こちらが開示要求をしても、金融業者がそれを渋ったりする場合です。



法的には要求があれば開示しなければなりませんが、金融業者の中にはいろいろな理由をつけて開示を遅らせたり渋ってくるところもあります。


こういう相手に対しては、請求者も果敢に交渉を行って説得していかなければなりません。経験のある人は自分一人で説得ができるかもしれませんが、スキルがない場合、自信がない場合は、プロに依頼しなければなりません。
ここでいうプロとは法律のプロ、つまり弁護士や司法書士などのことをいいます。



弁護士や司法書士の中には、特に過払い請求に強いエキスパートがいますので、そういう人を探して依頼するのはとても有効です。

いずれにしても、過払い案件は決して簡単な作業ではありません。