過払いや自己破産などの手続きなら

キャッシング、カードローンなどを利用していて対処が困った場合に有効なのが債務整理です。

債務整理は過払いの請求、自己破産、個人再生などから成る手続きで、どういった手段が有効なのかはお金の借り方、返済状況などにもよります。

すでに返済が遅れている場合は、取り立てがストップします。

レイクの過払いの特徴を紹介するサイトです。

これも債務整理のメリットの1つと言えるでしょう。

過払いは高い金利から生まれた利息を支払うことです。

高い金利の定義は利息制限法を参考にすると良いです。

NAVERまとめの様々な情報を掲載しています。

借りている額によって高い金利の定義は変わりますが、18パーセントを超えて生まれた利息は過払いとなることが多いです。

過払いの請求は法的にも認められていますが、個人では請求するのが難しいため一般的には弁護士、司法書士などへ依頼して行います。

依頼料、相談料などは事務所によって違います。

相談料のみ無料といった場合もあるので、気になる人は事前に調べるなり比較するなり工夫しましょう。

自己破産は返済義務を無くす手続きで、借金が無かったことになります。
誰にでも可能な手段ではなく、返済能力が問われます。

ちなみに、自己破産のリスクは従来よりも低いとされています。


自己破産後でもキャッシング、カードローンを利用できたという実例は存在します。



個人再生では借金を減額した後でお金を返していくことになります。

自己破産よりも返済能力がある人が行う手続きで、年単位の時間をかけて返済していくのが一般的な流れとなります。